アトピー性皮膚炎に有効とされる【デュピクセント】の取り扱いを始めました。

アトピー性皮膚炎は、日常生活や仕事への支障をきたすなど、さまざまな場面に影響がでます。
【デュピクセント】は、これらを改善できる可能性が大きい、新しい投与治療薬です。
詳しくは、当院の「皮膚科専門医」の診察を受けてから、ご検討ください。宜しくお願い致します。

【デュピクセント】はアトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因をブロックし、皮膚バリア機能の低下を抑える注射薬です。

  • 今までの治療で十分な効果が得られなかった中等症以上のアトピー性皮膚炎の患者さんに対して、高い効果と安全性が確認できており、これまでにない新しいアトピー性皮膚炎治療薬であると考えられます。
  • 「IL-4」はTh2を誘発し、自身で皮膚バリア機能低下
  • 「IL-13」がかゆみを誘発し、皮膚バリアを破壊やIge炎症性の促進

上記のIL-4、IL-13の誘発をデュピクセントが衰弱させると考えられています。
つまり、皮膚バリアの作用低下を抑え、皮膚バリア崩壊を防ぎます。

詳しい情報はこちら(外部サイト⇒)


皮膚科・美容皮膚科・形成外科

亀戸シンシアクリニック
〒136-0071 東京都江東区亀戸 6-31-6 KAMEIDO CLOCK 4F
内科・循環器内科・糖尿病内科|皮膚科・美容皮膚科・形成外科