皮膚科の診療案内

医療脱毛

現在、当院での医療脱毛は行っていません。

医療レーザー脱毛とは

医療機関で行う脱毛治療のことです。お肌の状態をきちんと診察し、医療機関でのみ取り扱うことのできるレーザー治療器を用いて脱毛治療を行います。レーザー脱毛は医療行為です。正しい知識を持って安全に脱毛しましょう。

医療レーザー脱毛の特徴

痛みが少ない

患者様に合わせてエネルギーを設定できるので、針脱毛のようなお肌に針を刺す治療と比べて、痛みの少ない治療ができます。
※痛みの感じ方には個人差があります。

治療時間が短い

両ワキで約5〜10分、両ひざ下で約20〜30分と、忙しい方にも気軽に受けていただけます。
※治療時間は目安です。

お肌にやさしい

カミソリや除毛クリームなどの自己処理は、お肌を傷める原因になります。医療レーザー脱毛は、お肌の弱い方にもおすすめです。

Forma alpha 照射風景

ダイオードレーザー「フォーマ・アルファALD」とは?

ダイオードレーザーは808nmの波長を持つ脱毛治療用のレーザーです。フォーマ・アルファALDは、日本で医療機器として承認されている脱毛レーザー治療器です。

「フォーマ・アルファALD」のレーザー脱毛

お肌の表面を冷却機能でしっかり守り、細い毛から太い毛まで、お肌の色や毛質を選ばず、部位を問わず脱毛治療を行うことができます。
※治療部位は医療機関により異なります。

レーザーを照射することで毛を生やす細胞に熱ダメージを与えます。毛の黒色に反応して自然に毛が抜けてきれいなお肌に。治療を重ねるごとにだんだん毛が細くなり毛量も減っていきますので、複数回の治療が必要です。フォーマ・アルファALDで、お手入れいらずのつるつる肌に。

レーザー脱毛のポイント

■ 日焼けは禁物!
レーザー照射後1ヶ月間は、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。
■ 自己処理を剃毛に変える!
脱毛治療を開始する2ヶ月前くらいから毛を抜かずに、剃る処理に変えてください。
■ 複数回の治療が必要!
複数回、治療を重ねるごとにだんだん毛が細くなり毛量も減っていきます。

治療の流れ

  1. 照射部位を清潔にします。
    ボディの場合は日焼け止めやボディクリーム、制汗剤を、お顔の場合はメイクや皮脂をしっかり落とします。
  2. 診察・テスト照射します。
    お肌の状態や照射部位を確認し、お肌の色や毛質に合わせてエネルギーを設定し、テスト照射を行います。
  3. 照射します。<治療部位により約10〜30分程度>
    照射部位にジェルを塗り、レーザーを照射します。※痛みの感じ方には個人差があります。不安な方は医師にご相談ください。

よくある質問

Q. 痛みはありますか?

毛の太さや治療部位などによっても異なりますが、輪ゴムではじかれたような痛みがあります。痛みに弱い方は医師にご相談ください。
※痛みの感じ方には個人差があります。不安な方は医師にご相談ください。

Q. 治療時間や回数はどのくらいかかりますか?

両ワキの場合は約5〜10分で終了します。治療回数は部位によって異なります(通常ワキ3回〜、ひざ下5回〜)ので、ご相談ください。
※効果のあらわれ方には、個人差があります。

Q. 副作用はありますか?

治療後に赤みが出ることがありますが、通常数時間でおさまります。その他、火傷や毛嚢炎、アレルギー反応、硬毛化などがあります。心配な方やなかなか赤みが引かない場合には、医師にご相談ください。

Q. 治療後に気を付けることはありますか?

治療後に赤みが出ている場合は、肌をしっかりと冷やしてください。腕や足などで治療後の赤みが気になる方には、お肌が隠れるような服装がおすすめです。また、しっかりと保湿をし、日中は必ず日焼け止めを使用してください。すぐにメイクもできますが、皮膚が敏感になっているので、心配な方は医師にご相談ください。

皮膚科・形成外科美容皮膚科